menu

第1回教育フォーラム2015

保護者の方との応対マナー ~心を伝える言葉の遣い方~

第1回教育フォーラム2015

6月12日(金)ファッションデザインセンターにおいて、第一回教育フォーラム2015を開催しました。
昨年度に引き続き、講師に水田有美子さんをお迎えして、「保護者の方との応対マナー~心を伝える言葉の遣い方~」と題して講演をしていただきました。
はじめに、言葉『遣い』という漢字の持つ意味について触れ、マナーの本質は、相手の立場に立つこと、相手の立場に立って『思い遣り』の心を表現することであることを教えていただきました。
次に、相手のことを気遣う気持ちを伝えるのに有効な表現について話していただきました。「否定表現」ではなく、「肯定表現」を用いた方がよいことや、「…ください」という言葉ではなく、相手にお願いをする「依頼表現」を用いると相手に好感をもっていただけるということでした。また保護者との応対に有効な、「クッション言葉」を含んだ構文を紹介していただき、実践を通じてその効果を実感しました。
『「馴れ馴れしい」と「親しみやすい」の境界線』というお話は、少しの差で、保護者に与える印象が大きく変わるのだと、気付きの多い内容でした。
最後に、クレーム対応時に気をつけたいことを、避けた方がよい言葉や、有効な動作とともに紹介していただきました。
多くの実践を通じて、その効果を体感し、今後の応対に生かしていくことができる、実りの多い時間でした。

参加者の声

第1回教育フォーラム2015

○私は新任で,つい先日家庭訪問に行きましたが,まともにお話できないままに,期間を終えてしまいました。7月には保護者会があるので,今日学んだことを早速実践していきたいです。
○「言葉遣いは気と心を遣って相手を喜ばせること」という言葉がとても印象に残りました。子どもと話す時,保護者と話す時,先生方と話す時,「言葉使い」にならないように気を付けていきたいです。