menu

健全育成の会

子どもたちのためにできること ~伸ばしていこう 子どもの長所~

7月30日(土)ファッションデザインセンターにおいて「健全育成の会」を開催しました。当日は多数の教師や保護者の方の参加を得ることができました。
池山執行委員長は「この会が子どもたちの健全育成
についてともに考え,理解し合い,学校・家庭・地域が一体となって取り組んでいくためのよい機会になることを期待します。」とあいさつを述べました。続いて,一宮市小中学校PTA連絡協議会の戸松稔貴会長からも,「この会の内容で共感できる部分を,ぜひそれぞれの地域の保護者の皆さまにお伝えください。」とあいさつしていただきました。

コメンテーターからの提案

♦家庭と学校が連携することは,生徒の健やかな成長につながっていく。これからも関わっていく生徒たちがそれぞれの長所を伸ばし,自分の良さに自信が持てるように,本人や保護者に,その子の良さを伝えていくことを心がけていきたい。
♦できるだけ子どもと一緒に過ごし、信頼関係を築くように心がけている。また、電話や家庭訪問で、担任としての思いを伝えたり、保護者の思いを聞いたりする機会を積極的につくるようにしている。子どもの成長を信じて積極的に関わり、見守り、褒めていくことが効果的だと思う。
♦娘と出かけたときに,電車でお婆さんに席を譲った。娘には小さい頃から「人には親切にしようね」と話していたが,一緒に実践できたことは貴重な体験になった。人から親切にされたとき,自分が誰かに親切にしたとき,心は成長すると思う。
♦うまくいかないときは,困っていることを聞き,アドバイスをした。するとそれを元に自分で考え,やり遂げることができるようになった。様々な試練も,自分で考えて乗り越えていけるように,家族でサポートしていきたい。

グループ協議・助言

提案の後,グループによる協議が行われました。
【テーマ】
①子どもたちのために,ふだんから心がけていること
②学校と家庭が連携してよかった経験

その後,愛知県総合教育センター 研修部 企画研修室 研究指導主事 大野 靖典先生からご助言をいただきました。